香りとテクスチャーと価格の折り合い あなたの化粧品選び方とは?

香りとテクスチャーと価格の折り合い

香りとテクスチャーと価格の折り合い

 

私の化粧品の選び方は香りを嗅いで、触ってみて感触の良さ、そして成分と価格で選定します。

 

 

香りがだめだと即終了

香りがだめだと即終了

たまにアレルギーが出ることがあるので、できるならサンプルのあるものを探します。
最近は通信販売だとサンプルがあるので、それを利用することもあります。
その場合は成分が中心になります。
今まで、いろいろな化粧品を試した結果、はちみつ、お米、ローヤルゼリー、オーガニック系オイルのものが自分の肌に合っていると思うので、それらが配合されているかどうか確認します。
アスタキサンチンなどの成分で、新しく興味のあるときはそちらも視野に入れて探します。
無香料がいい人もいますが、私は顔から漂う香りでヒーリング効果も期待しているので、まずは香りを嗅ぎます。
匂いが気に入らなかったら、だめです。
店頭で探す場合は、肌にのせた感じのべたつき感、しっとり感、吸収力の速さなどを見ます。
そこで、良さそうならサンプルがないか、小さめの容器がないか探します。
そこで、だいたい2、3点に絞ります。
そしてサンプルを使用して、翌朝の状態で決めます。
乾燥部分はないか、ベタベタがのこってないか。
もちろん荒れたり、腫れたりしたら合わないということになります。
たまにあります。
後は、価格と中身の折り合いですね。
同等レベルなら安い方を買います。

匂いがどうしてもこっちの方が好き、となったら、多分高くてもそっちを買うと思います。

 

香りは鼻でかぐのと顔につけるのでは違う

香りも気に入ったし、価格的にも気に入って、さあと思っていざ塗ってみると、微妙な匂いがするときが。
特にハーブやオーガニック系の化粧品はものすごく変わった匂いがしてくるときがあります。
先日も買ったものはゆずが入っているらしかったのですが、鼻でかぐとゆず、でも顔につけて匂ってくるのが沢庵臭でした。
結局妹にあげました。
匂いは難しいです。